今年も体験農園はじまります。

今年も農業体験農園はじまります。

 

1回目の講習会は

 

3月11・12日です。

 

よろしくお願いします。

2017年度 農業体験農園 参加者募集!!

はじめまして、ぼくらの農園です。

新聞の折り込みチラシ等で当農園のブログ、HPをご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

おかげさまで

2009年に開園した体験農園も、開園8周年!!を迎えることが出来ました。

現在70組の方々に野菜作りに取り組んでいただいています。

 

 

また3月に新しい仲間を迎えられることを心待ちしています。

ぜひご参加いただけますようご検討いただければ幸いです。

 



ただ、農業体験農園でどうなとこなの?市民農園?と疑問に思われている方に簡単ではありますが、ご説明させていただきます。

 

 

ぼくらの農園って?

はじめまして、ぼくらの農園の園主の岩田と申します。ぼくらの農園は、消費者のみなさまに「僕の」「私の」と思っていただけるような身近に感じてもらえる農園を目指し名づけました。農園は簡単に言えばごくごく普通の農家です。日常は野菜を生産して販売しています。当農園は、スーパーの地場野菜コーナーなどに野菜を納めさせていただいています。「いなげや」「アルプス」「さえき」「マミーマート」などのスーパーに納品させていただきています。ただ、入間市ではなく飯能や羽村、青梅などに納品しているのでなかなか入間市・所沢の皆さんには知られていないかもしれません。あっ!!買ったことあるという方がいらしたら幸いです。そんな、普通の農家にプラスして皆さんと交流できる「農業体験農園」また、不定期ではありますが「収穫体験」などを企画しています。今後は、もっとみなさんの近くにと考え、自宅での直販や、定期的な収穫体験の実施などに力を入れていきたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いします。また、そんな情報を発信しているメールマガジン「ベジ友」にもぜひご登録いただければと思います。

ベジ友の登録はこちら↓

http://bokura-farm.jp/bejitomo/beji_form/index.html

 

 

 

 


農業体験農園「ぼくらの農園」とは?
 簡単に言いますと、「野菜作りのがっこう」です。2009年に開園しまして、現在70組の方々が野菜作りを楽しまれています。参加者の皆さんは3×13m(39屐砲糧でそれぞれに野菜作りをします。市民農園とは違い自由に野菜は作れませんが、プロの農家が種まきから収穫まで丁寧に指導しますので、初心者の方でも立派な野菜が収穫できます。また、野菜作りに必要な道具や肥料、種や苗などすべて農園で用意していますので、参加者の皆さんは手ぶらで気軽に参加していただけます。また、作る野菜は20種類以上、皆さんが食卓で良く使われる野菜を中心に栽培します。

 





募集要項
 

所在地  
埼玉県入間市宮寺2603 近く
上記住所は農園の所在地となります。畑はそこから200mほどの場所です。
利用期間
2017年3月から2018年1月10日
利用料
1区画年額38,000円 (指導料と農作物の代金の合計)
留意事項
  • 市民農園と違い、入園者の自由な作付けは出来ません。
 
  • 種まき・植え付けから収穫まで、園主の指導のもとに農作業を行っていただきます。
 
  • 決められた講習会に出席していただきます。講習会は不定期の土・日曜日の10:00から1時間程度、都合の良い曜日を選んでご参加ください。
 
  • 車での来園は可能です。
応募要件と方法
  • 応募用件:留意事項を守っていただける方。
 
  • 応募方法:応募フォームからエントリー
応募締切
2017年1月31日
入園者の決定
入園の決定は応募締切後、郵送でご案内します。応募者が多数の場合、抽選によって決定いたします。

 

 


 

ぼくらの農園 2017年度講習会予定表(参考)
 

 

 

日時 講習内容(主なもの)
3月11・12 ジャガイモの定植
各種野菜の種まき準備・畑づくり
3月25・26 レタス・キャベツの定植(継続利用者は寒冷紗持参)
葉物野菜の種まき
4月1・2日 大根の種まき
里芋の植え付け 緑肥種まき
4月22・23 トマトなどの果菜類の植え付け準備、支柱立て
トウモロコシ種まき
5月6・7日 トマトなどの果菜類の植え付け
ジャガイモ土寄せ
5月20・21 野菜の肥培管理
6月3・4日 野菜の収穫・肥培管理の説明 枝豆種まき
6月24・25日 人参種まき
7月8・9日 ネギの植え付け
8月5・6日 夏野菜の管理 秋野菜準備
8月19・20 キャベツ・ブロッコリー定植(寒冷紗を持参)
9月2・3日 大根・白菜種まき
9月16・17 葉物野菜種まき
10月7・8日 各野菜の肥培管理
11月4・5日 各野菜の収穫について
12月2・3日 野菜の寒さ対策について
1月10日 畑の利用終了

※講習会は10:00から行います
※講習会は同じ内容を2回行いますので、都合の良い日に参加してください。
※雨の日でも講習会は行います。
※予定は変更する場合がございます。予めご了承ください。



 

体験農園の台風被害に対する対応について

体験農園参加のみなさまへ

 

先日の台風9号の豪雨により農園の畑も被害を受けています。

不老川や近隣の河川が氾濫しました。

畑に土が流れ込んでいる区画もあり、大変ですが復旧をお願いします。

また、水道は復旧しましたが、道具等が流失してしまっているものがあります。順次補充しますのでご理解ください。

 

対応

ゞ莢茲謀攤修流れ込んでいる方、少量で問題無い方はそのまま、堆積してしまっている方は指定の場所に持ち出してください。なお、指定の場所は、残渣置き場の西側にします。あとで場所を作っておきます。また、一輪車が足りませんので26日までには用意します。

 

▲優が土に埋まってしまっている方、新しい葉が出てくる根もとの部分が埋まってなければ問題ありません。また、倒れて曲がってしまっているものは、そのまま曲がりネギとして育ててもよいですし、起こせるならおこしてください。

 

4冷紗がとれてしまってる方はかけ直してください。また、苗がダメな方は植え替え用の苗を取りにきてください。

寒冷紗が無くなってしまった方は中古品ですが希望されれば支給します。なお、数に限りがあります。

 

ぅ肇泪箸覆瓢拊譴倒れてしまっている方は、もう片付けてください。

 

ξぐ髻▲縫鵐献鵑虜もとが露出してしまっている方は、土を寄せてあげてください。

 

以上よろしくお願いします。不明な点がありましたらご連絡ください。


 

 

 

 

 

 

2015 味噌作り参加者募集中!!

体験農園・みんなの畑 参加者のみなさんへのご案内です。
お申し込みお待ちしています。
自家製味噌を作ってみませんか?
「加藤ファーム」 × 「ぼくらの農園」 
 
 ぼくらの農園のすぐ近く、入間市二本木の加藤ファームさんのところで自家製味噌を作ってみませんか。
自分で仕込んだ味噌で作った味噌汁・・・・考えただけでおいしそうです!!
有機・無農薬栽培された大豆を使っていて、およそ10カ月じっくり熟成させる味噌。市販の味噌では味わえない味を、お得なお値段でゲットできます。
《募集要項》
場所 加藤ファーム (車での参加可)
日時 2015年3月23日(月)
10:00〜11:30・・・お昼休憩・・・13:30〜16:00頃終了予定
募集人数 6〜7人《先着順》 小学生未満のお子様はご遠慮ください。1人につき1コース選択してください。
参加費 5kgコース   4,500 (参加料・貯蔵用樽代・保管料など)
10kgコース  8,300 (参加料・貯蔵用樽代・保管料など) 
参加費は前金で入園説明会のときに徴収します。       10kg以上は1塰茲烹牽娃葦
※味噌汁2人前でおよそ36gの味噌を使います。1日1杯飲むと1ヶ月で1キロくらいの味噌を使います。  
  味噌は保存がきいて、1年以上もちます。         
保管場所 ぼくらの農園 園主宅
皆さんの味噌をまとめて1つの樽に入れて約10カ月間熟成させます。食べられるようになるのは11月から12月頃です。大きな樽にまとめたほうが美味しくなります。
体験内容
 
一連の味噌作りの工程を体験します。
  • こうじ種付け  
  • 切り返し
  • 樽に詰め込む
通常3日間かかる工程を1日で体験します。ですので、自分で作ったものをすべて利用できるわけではありませんのでご了承ください。
 
お勧めのポイント
  • 通常1キロ1300円の味噌が、味噌作りの体験もできてお得。
  • 市販のものは通常3カ月間、工場で強制的に発酵させるのに対して、自然の中で10カ月間の長期熟成で美味しいです。
  • 保存がきくので、1年分の味噌を自家製にすることも
  • 贈り物としても喜ばれます。
応募方法
 
 
 
先着順での受け付けになります定員になりしだい締め切りになります。
電話またはメールでご応募ください。
電話 080−1172−0831
メール info@bokura-farm.jp
応募締め切り 3月3日(日)
お問い合わせ 不明な点はメールまたは電話でお問い合わせください。
メール:info@bokura-farm.jp   電話: 080−1172−0831

体験農園の継続利用に関する案内について

お世話になります。

来年度継続利用の案内ですが、明日郵送する予定ですのでよろしくお願いします。

また、新規入園希望者の方のご案内もあわせて郵送いたします。

お待たせして申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

ぼくらの農園